ナッツ


【ソウル時事】大韓航空前副社長の趙顕娥被告(40)が機内でのナッツの出し方に激高してサービス責任者に降りるよう命じ、離陸を遅らせた事件で、趙被告が自らの勘違いに気付いた後も、責任者に「全部おまえのせいだ」と傍若無人の振る舞いを続けていたなど、当時の詳細が16日、明らかになった。趙被告の初公判は19日にソウル西部地裁で行われる。
 公表されていなかった起訴状を入手した野党・新政治民主連合の徐瑛教議員が明らかにした。
 起訴状によると、昨年12月5日、ニューヨークの空港で、大韓機のファーストクラスに搭乗した趙被告は、女性乗務員のサービスがマニュアルと違うと激怒。乗務員に降りるよう指示し、「すぐに飛行機を止めなさい。飛行機を飛べなくしてやる」と声を張り上げた。責任者は、既に滑走路に向かって動きだしていると説明したが、趙被告は「関係ない。おまえが私に口答えするのか。私が止めろと言ってるんだ」と聞く耳を持たなかった。
 しかし、マニュアルを確認したところ、乗務員のサービスが正しかったことが判明した。すると、趙被告は責任者に対し「おまえが最初からちゃんと答えないから、その乗務員を叱ってしまったじゃない。全部おまえのせいだ。おまえの責任だから、降りなさい」と「逆ギレ」したという。 
参考文献 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150116-00000100-jij-kr
静岡

spacer