日本海側で大雪のおそれ


日本海にある低気圧が発達しながら東へ進み、17日明け方から昼前にかけて東北地方を通過し、その後日本付近は冬型の気圧配置が強まる見込みだ。この影響で、17日から18日にかけて、近畿から東北にかけての日本海側を中心に大雪となるおそれがあり、太平洋側でも雪の降る所がある見込み。また北陸では大気の状態が非常に不安定となるため、落雷や突風などにも注意が必要だ。

<17日夕方までの予想降雪量 多い所>
東北 山沿い  20センチから50センチ
   平地   10センチから30センチ
北陸      40センチから70センチ
近畿 山沿い  3センチから30センチ
   平地(北部、中部) 5センチから30センチ

 大雪による交通障害、電線や樹木への着雪、なだれなどに注意が必要だ。

 また、17日は東北地方で西寄りの風が強く、予想最大瞬間風速は30メートルで、波も日本海側で3メートルから5メートルとしける見込み。
参考文献 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150116-00010001-wmap-soci
足つぼマッサージ

spacer