日産、軽自動車自社生産へ


 日産自動車は2016年度をめどに軽自動車の自社生産に乗り出す方針を固めた。

 低価格で維持費の安い軽の人気が高まっているため、軽の開発から生産までを手がけ、自社の商品戦略に沿ったクルマを機動的に販売できるようにする。

 日産幹部が明らかにした。国内大手メーカーが軽の生産に本格参入するのは1963年のホンダ以来、ほぼ半世紀ぶりという。ダイハツ工業、スズキ、三菱自動車、ホンダ、日産の5社が生産する体制となる。

 製造は追浜(おっぱま)工場(神奈川県横須賀市)を軸に検討している。女性や若者向けのワゴン車タイプで、年間5万~10万台規模となりそうだ。

 日産は02年にスズキに生産を委託して自社ブランドで軽の販売を始めた。11年からは三菱自とも合弁で製造会社を設立して生産を委託し、自社ブランドで売ってきた。現在、「デイズ」「デイズ ルークス」など計4車種(商用車を除く)を扱い、14年の販売台数は約24万台だった。
参考文献 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150118-00050106-yom-bus_all

沼津

spacer