スカイマーク、運賃を値下げ 客離れで方針転換


 国内航空3位のスカイマークは3月29日から、普通運賃を平均で約9%値下げすると発表した。経営難のため昨年10月に平均約28%の値上げをしたところだが、客離れが起きたため転換した。日本航空、全日本空輸との羽田発着便での共同運航は、3月末から始める方向で調整している。

 値下げするのは、国内24路線のうち19路線。羽田―福岡は4%下がり2万5900円、羽田―那覇は17%下がり2万8900円となる。また、4月と5月の日曜日に限って、全路線の普通運賃を5千円~1万円にするサービスも始める。昨年12月の搭乗率は54・5%で、12月としては9年ぶりに50%台に落ち込んだ。

 共同運航は羽田発着の5路線で日航、全日空の両社と行う。この日に記者会見した日航の植木義晴社長は「3月に始められるよう工夫している」と話し、全日空広報も「前向きに調整している」とした。
参考文献 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150122-00000001-asahi-bus_all
沼津「手もみ」

spacer