トヨタ世界販売1015万台 15年計画 前年割れ、首位陥落も


 トヨタ自動車が2015年の世界販売台数(グループのダイハツ工業と日野自動車を含む)について1015万台程度を計画していることが分かった。21日午後に発表する。14年の計画(1022万台)を下回っており、前年割れになれば東日本大震災のあった11年以来、4年ぶり。14年は3年連続の世界一を維持したとみられるが、15年は独フォルクスワーゲン(VW)に抜かれる可能性がある。

 15年にトヨタが前年を下回る世界販売を計画するのは、消費税率引き上げ後、国内の販売低迷が当初の想定以上に長引いているためだ。さらに、軽自動車の増税や競争激化も重なる。最大市場である中国での販売も伸び悩む。14年は100万台を初めて突破したが、目標としていた110万台以上に届かず、勢いに陰りがみえる。ただ、北米などは好調を維持する見込みだ。

 トヨタは東日本大震災後の12年に米ゼネラル・モーターズ(GM)から世界一を奪還。14年もほぼ計画通りに着地し、首位の座を3年連続で維持したとみられる。だが、14年はVWも1014万台を販売。目標だった1千万台超えを4年前倒しで達成し、トヨタに肉薄していた。VWは得意とする中国の販売が好調で、積極的に行ってきた生産能力増強などの効果が15年以降も出てくる。

 トヨタはリーマン・ショック後の巨額赤字の反省を踏まえ、13年度から工場新設を凍結。規模拡大とは距離を置き、生産性向上や経営体質の強化などを優先してきた。ようやく凍結解除する方向だが、台数増に寄与するには時間がかかる。
参考文献 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150121-00000111-san-bus_all
浜松「手もみ」

spacer