自転車の危険運転、摘発2回で講習義務化


 悪質な自転車運転者に対し、安全講習の義務付けなどを盛り込んだ改正道交法の施行令が、20日、閣議決定されました。6月1日から施行されます。

 閣議決定された改正道交法の施行令では、信号無視や酒酔い運転、ブレーキのない自転車の運転など14項目に関して「危険行為」と定め、3年以内に2回以上違反し、摘発された悪質運転者に対し、安全講習を義務化します。警察庁によりますと、違反をした運転者が2回以上、交通違反切符を交付された場合、講習を受けなければいけないということです。

 他に、一時停止違反や普通自転車の歩道通行も「危険行為」と定められています。

 警察庁によりますと、自転車が絡む事故は2013年には8141件で、そのうち死亡事故は93件に上るということです。(20日11:16)
参考文献 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150120-00000039-jnn-soci
マッサージ

spacer