「すき家」


 ゼンショーホールディングス(HD)は23日、過重労働問題を受けて、現在半数近くの店舗で休止している傘下の牛丼チェーン「すき家」の深夜営業を、6月末までに全面再開させる方針を明らかにした。同社は「調理工程の簡略化ができ、人手の確保にもめどがついた」としている。

 同社は、労働環境改善に向け設置した第三者委員会が昨年7月に「ワンオペ」と呼ばれる深夜の1人勤務を中止するよう提言したことを受け、10月1日から、複数店員が確保できない店舗を一時的に営業休止としていた。

 営業休止は、総店舗1980店のうち約6割に当たる1254店舗で、午前0時~5時の深夜営業を中止すると発表した。

 その後、人手の確保などにめどがついた店から順次、深夜営業を再開しており、12月末現在で休止中の店は、903店舗となっていた。
【関連記事】

すき家残酷物語 24時間連続勤務、10時間超トイレ休憩なし
ネットで牛丼の作り方を聞く!? すき家「ワンオペ」の本当の恐ろしさ
「丸亀」「はなまる」うどん2強に異変 多店舗展開の壁とは
「ハンバーガーは腐らない」の都市伝説にマクドナルドが回答
人手不足、後手後手の悪循環…迷走する「ワタミ」
参考文献 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150123-00000515-san-bus_all
「もみほぐし」の資格について

spacer