水族館マグロ大量死、最初は異常遊泳から始まった


 世界で初めてマグロの群泳展示に成功した東京・葛西臨海水族園で起きた謎の大量死。昨年12月1日に計165匹いたが、スマは全滅、22日もハガツオ1匹が死んで、クロマグロ3匹とハガツオ3匹を残すのみとなった。何が起きたのか。 1989年の開園時からマグロが泳ぐ巨大水槽を目玉に、今では年間150万人が訪れる人気施設。異変が起きたのは昨年12月上旬だった。まずスマの「異常遊泳」が目立ち始めた。普段は水平にゆっくり回遊する群れが、斜め方向に泳いだり、急に速度を上げたり。これがほかの魚の泳ぎも乱し、スマとハガツオの水槽への衝突死が増加。やがてクロマグロにも異常遊泳は広がり、1日に7匹死ぬこともあった。

 長年マグロを飼育してきた園にとっても経験のない事態。まず水質の異常と寄生虫の影響を疑ったが、確認されなかった。12月10日に始めた隣の水槽の改修工事の音や振動が影響したのか。大量死が目立つ朝方の工事は避け、環境を変えないように24時間照明も試した。それでも、大量死は止まらない。参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150123-00000035-asahi-soci簡単に始められる「もみほぐし」ビジネス

spacer