ホンダ、それでも原付バイクにこだわる事情


 縮小の一途をたどる国内バイク市場。2014年は国内3メーカー(ホンダ、ヤマハ、スズキ)の50ccバイク(原付1種)の販売台数が約23万台と、278万台を記録した最盛期の1982年から10分の1以下の規模にまで落ち込んでいる。
 そうした中、ホンダは50ccスクーターの新型車「タクト」を1月23日から発売した。国内販社のホンダモーターサイクルジャパンの加藤千明社長が、「市場開拓の先兵として期待し、16年ぶりにネーミングを復活させた」と力を込める車種だ。今回が8代目となるタクトは、同クラスのスクーターでは最高となるガソリン1リッターあたり80キロメートルの低燃費を実現している。

■ かつてのユーザーはどこへ? 

 1980年に発売した初代タクトは、操作性や経済性に優れ、それまでバイクにあまり関心のなかった人たちの需要を喚起した。発売から約2年で72万台を販売する大ヒットとなり、第3期スクーターブームの火付け役となるなど、ホンダの中でも特別な車種に位置づけられる。

 しかし、排ガス規制やヘルメット着用の義務化、高校生をバイクに乗らせない「3ない運動」などの逆風を受け、「つるべ落とし」(加藤社長)のように市場の縮小が続いてきた。「(かつて50ccスクーターのユーザーだった)主婦層が軽自動車に移行したことも大きい」と、ホンダの青山真二・二輪事業本部長は分析する。

 市場の縮小で商品のラインナップが減り、消費者への訴求が弱まり、さらに市場の縮小を招くという悪循環を繰り返してきた側面もある。

 ただ、悪い話ばかりでもない。余暇でバイクを楽しむ中高年層を中心とするリターンライダーが増え、趣味性の高い軽二輪車(125cc超、250cc以下)や小型二輪車(250cc超)は盛り返している。バイク全体の販売台数は2010年には38万台まで落ち込んだが、2014年には41万台まで回復している。

■ 昨年は12年ぶりの新型車投入

 しかし、メーカーにとって頭が痛いのは、バイク販売の過半を占める50ccクラスの低迷だ。当面はリターンライダーをターゲットにした販売で下支えできるが、メーカーには若者を中心に新規需要を開拓しなければ、全体の需要が先細るという危機感が強い。

 2014年には、経済産業省が「2020年までに国内バイク販売台数100万台回復」という政策目標を掲げ、それに呼応する形で国内メーカー4社や業界団体は振興策を打ち出している。

 ホンダは昨年、50ccスクーターとしては12年ぶりに新型車の「ダンク」を投入した。軽量化して環境性能を高めた新開発エンジンを搭載、スマートフォンの充電ができるUSBポートを装備するなど高校生を中心とした若年層を意識した。年間の販売計画台数を2万5000台に設定したが、実績は約1万台にとどまる。価格が20万8950円(税込み)と50ccスクーターの中では高いことがネックのようだ。参考文献http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150125-00058842-toyo-bus_all「もみほぐし」に関することは、静岡ライク・ザ・セラピー

spacer