異物混入相談、1万6000件=2割弱が身体的被害―国民生活センター


 国民生活センターは26日、食品の異物混入に関する相談が2009年度以降、約6年間で1万6094件に上り、そのうち2割弱に当たる3191件が「口の中を切る」などの危害情報だったと発表した。
 同センターによると、「食料品」についての相談は1万4656件で、うち危害情報は2583件と約17.6%を占めたが、「外食・食事宅配」は1438件中608件で42.3%に上った。
 14年度の危害情報の中身は、「歯が欠けた」「歯が痛い」などが110件で最も多く、「刺傷・切傷」の85件、「消化器障害」の76件が続いた。
 異物はゴキブリやハエなどの「虫」が345件で最多、次いで「金属片」は253件、「毛髪や体毛など」が202件だった。
 具体的な事例としては、「ウインナーの袋を開封したら、生きている芋虫が出てきた。メーカーに連絡したが、現物を見る前に製造過程での混入の可能性は低いと言われた」「カップ麺にうじ虫が入っていた。後日、工場での混入は認められないとの調査結果を受け取った」などがあった。 参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00000031-jij-soci静岡、ライク・ザ・セラピー

spacer