<米MS>ウィンドウズ10無償提供 スマホ市場挽回へ


 米マイクロソフト(MS)は21日、今年後半に発売する次期基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」を発売から1年間、「7」以降の利用者に無償提供すると発表した。これまでの有償提供を転換する。スマートフォンのOSとも共通化し、大きく出遅れているスマホ市場で挽回したい考えだ。「プライベートと職場で同じように扱えるウィンドウズを作る」。MSのサトヤ・ナデラ最高経営責任者は21日、米西海岸ワシントン州での発表会で狙いを説明した。

 パソコン(PC)の世界市場で、OSのシェア約9割を占めるウィンドウズだが、スマホでは米グーグル「アンドロイド」、米アップル「iOS」に大きく水をあけられている。米調査会社IDCによると、2014年の世界シェアは2・7%に過ぎない。「スマホやタブレット端末にもウィンドウズを普及させるため」(IDCジャパンの敷田康アナリスト)、無償提供によって「10」の利用者を増やし、スマホなどに誘導したい考えだ。

 従来のウィンドウズは、PC用とスマホ用で異なっており、アプリ(応用ソフト)業者も別々にアプリを開発する必要があった。これが一本化されるため、開発業者にとってもメリットは大きい。

 新たな機能も盛りだくさんだ。新閲覧ソフト「スパルタン」(仮称)を搭載し、閲覧しているサイトに、キーボードだけでなく指でメモを書き込んだり、それを共有したりすることもできる。さらに、今秋にも発売するゴーグル型端末「ホロレンズ」を装着すると、実際の視界の中に、各種情報や操作ボタンの3D(立体)映像が現れ、身ぶりや音声で操作できる。MSのゲーム機「Xbox」との連携も強化しており、臨場感あるゲームなどでの活用が見込まれそうだ。

 もっとも、スマホ市場では「アンドロイド」「iOS」が圧倒的な存在感を示しており、そこに食い込むのは容易ではない。OSはあらかじめ端末に組み込まれているため、端末メーカーや通信会社の動向がカギを握ることになる。

 一方、PCメーカーには無償提供によって、PCの買い替えが進まなくなるとの懸念もある。OSの更新を機に買い替える利用者が多いためだ。PCメーカー担当者は「OSの出来が良ければ、PC需要が鈍るかもしれない」と警戒する。【種市房子、ワシントン清水憲司】

 ◇キーワード・ウィンドウズ

 米マイクロソフト社が開発したコンピューターの基本ソフト(OS)。画面表示やメモリー管理など、コンピューターの動作を制御している。創業者のビル・ゲイツ氏らが1980年代に開発し、90年代以降に普及が進んだ。操作性を高めた95年発売の「ウィンドウズ95」は、世界中で大ヒット。それ以降も、「XP」(2001年)、「7」(09年)などの新OSを投入した。「10」は、パソコンでの利用者が使い慣れた「7」の操作方法を引き継ぎつつ、スマートフォンなどでも使いやすくしたのが特長。ハッカーに侵入されるなど、防御面での弱さが指摘された閲覧ソフト「エクスプローラー」に替え、新ソフト「スパルタン」(仮称)を搭載する。参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150122-00000071-mai-bus_all「もみほぐし」に関することは、沼津ライク・ザ・セラピー

spacer