「日本製」前面に


国内時計大手各社は、急増している外国人観光客向けに、今春夏モデルで、日本製腕時計のラインアップを強化する。セイコーウオッチは文字盤に漆を用いて 「和」を意識した機械式時計を発売、日本製の中高級機種を充実させる。シチズン時計は、外国人のまとめ買いに手頃な5万円前後の日本製時計「シチズンコレ クション」のラインアップを中心に対応商品7モデルを投入する。

セイコーウオッチは、戦略商品として、今月14日に文字盤に日本の伝統工芸である漆塗りを用いた機械式時計「セイコープレザージュ」2機種(税別11 万~13万円)を発売する。従来、同ブランドの3万~6万円程度の製品が外国人に人気で認知度も高いため、同じブランド内で高価格帯の製品まで広げ、顧客 の取り込みを図る。セイコーでは、時計販売全体の1割以上を外国人観光客の購入が占めており、「日本ならではの付加価値のある製品を増やしていく」(高橋 修司常務)考えだ。

シチズン時計は、世界各国で使える電波時計の種類を充実させ、「皮バンド&ゴールドケース」という中国人など外国人観光客に好まれるモデルを追加する。 また、中国語が話せる販売員を、福岡や札幌などにも増強し、販売面の対応強化も図る。今後は、百貨店での購入増などに対応し、「日本でしか購入できないモ デルを積極的に投入する」(竹内則夫取締役)。

カシオ計算機は、子会社の山形カシオにある「PPL」という10万円を超える高級モデルの生産ラインでの製品を増やすほか、スマートフォンと連携し世界 300都市の時刻を簡単に設定できる時計ブランド「エディフィス」を発売する。「東南アジアなど、電波が受信できないエリアの顧客も購入できるモデルに力 を入れる」(広報宣伝部)ことによって外国人の潜在需要を開拓する。

訪日観光客の増加は、国内時計各社にとっても追い風。“メード・イン・ジャパン”を前面に出した商品戦略は重要なカギとなりそうだ。(那須慎一)参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150205-00000008-fsi-bus_all

静岡、浜松、沼津の、資格のいらない、「もみほぐし」「手もみ」「足つぼマッサージ」その他「マッサージ類似ビジネス」のことなら「ライク・ザ・セラピー」

spacer