スマホやゲーム機「夜9時まで」


香川県教育委員会は、県内全ての小中学生にスマートフォンやゲーム機の使用を「夜9時まで」などとするルールを発表した。県全体の共通ルールとして、子供と保護者に使用の適正化を呼びかけていく。全県ルールは岡山県が実施している。

ルールは、「さぬきっ子の約束」として、家の人と決めた使用ルールを守ります▽自分も他の人も傷つけない使い方をします▽夜9時までには使用を止めますの3項目。「夜9時以降」としたのは7~8時間以上の睡眠時間や勉強時間などを勘案したという。

県教委が昨年7月に「携帯電話・スマートフォン等の利用に関する調査」を行ったところ、スマートフォンが広く子供たちに普及し、利用の低年齢化が進んで いることが判明。「勉強に集中できない」(小学4~6年で10・3%、中学で16・2%)などの悩みを訴える子供もいた。

スマートフォンは適正に使用しないと子供たちがトラブルに巻き込まれる恐れもあることから、適正な使用を促すルールづくりを策定することにした。県、県内各市町教委、PTA、県警などと内容を調整してきた。

県教委では共通ルールをメッセージとして取りまとめた冊子(A3判2つ折り)を作成し、新学期開始に合わせて県内全ての小中学生と保護者に配布。携帯電話販売会社などの販売店を通じて、適正な使用を呼びかけるチラシも配る。参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150217-00000061-san-l37

静岡、浜松、沼津の、誰でも簡単に始められる、「もみほぐし」「手もみ」「足つぼマッサージ」その他「マッサージ類似ビジネス」のことなら「ライク・ザ・セラピー」

spacer