手を切り落とす


リビアで拘束していたエジプト人のキリスト教徒の一派、コプト教徒21人を海岸に並べて殺害する映像で、またも世界を恐怖に陥れたテロ組織ISIS(自称 イスラム国、別名ISIL)。そのターゲットは拡大する一方だが、残酷な刑罰の対象にされているのは外国人だけではない。

ISISの支配下にあるイラクのモスルでも、日常的に残虐行為が行われている。最近では、禁止されている携帯電話を使用したとして女性住民3人の手を切 り落とし、男性5人を鞭打ちの刑に処したという。ISISは携帯電話を使用した者には、公開鞭打ちかそれ以上の刑を科すと警告している。

報道によれば、彼らが警戒しているのは住民が携帯電話を使うことで機密情報が流出し、米軍の空爆に利用されることだ。米軍主導の有志連合は昨年8月からシリアとイラクのISIS支配地域に空爆を仕掛けており、モスルには少なくとも20回の空爆を実施している。

—–

さらにISIS戦闘員は、負傷した戦闘員の輸血のため、シリアの一般市民に献血を強いているようだ。人質になっているヤジディ教徒の女性たちも強制的に 献血させられたという。「献血の強制は違法だし非人道的だ。特にISISは血液型も考慮せずやみくもに血を奪っており、悪質だ」と、イギリスのアラビア語 紙アル・クドス・アル・アラビーの記者ジワン・ソズはシリアの独立系メディアARAニュースに話した。「彼らは採血に必要な医療器具も使わず、野蛮な方法 で血を取っている」

ISISは以前から飲酒や呪い、喫煙などを「ハラーム(宗教上の禁忌)」として禁止してきた。先月には、シリア東部で「見せしめ」として晒された遺体が 発見された。ISIS幹部の切断された頭部の口にはタバコが入れられており、アラビア語で「これは許されない」と掲示されていた、とロサンゼルス・タイム ズは報じた。

彼らは音楽や、タバコ・水タバコの販売も禁じている。タバコは「経済も健康もむしばむ」からというのがその理由らしい。「タバコがもたらすトランス状態 は神に背く行為である」と、ISISの規制当局は昨年、声明を発表した。「3日後より、タバコと水タバコの販売は厳禁とする。販売すればその行為を罪とみ なし、シャリーア(イスラム法典)に基づいて罰を下す」参考文献http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150217-00143827-newsweek-int

静岡、浜松、沼津の、少ない資金で始められる、「もみほぐし」「手もみ」「足つぼマッサージ」その他「マッサージ類似ビジネス」のことなら「ライク・ザ・セラピー」

spacer