大川小


 東日本大震災の津波で児童ら84人が犠牲になった宮城県石巻市の大川小学校の被災校舎について、地元住民が市に震災遺構として保存を求めていく見通しと なった。8日の住民集会で、一部保存と解体を含む3案でアンケートを行い、保存が多数となった。20日に地区総意として正式決定し、市に要望書を提出す る。住民の総意をアンケートで決める試みは被災3県で初めてという。

震災遺構の保存をめぐっては、遺族や住民の間で「教訓を後世に伝えるべきだ」「つらい記憶がよみがえる」などと賛否が割れることが多い。

このため、地元区長らでつくる大川地区復興協議会は今年に入り、大川小遺族会、父母教師会、地区住民への説明会を個別に開催。その中で、(1)校舎をす べて解体し、映像で保存(2)野外音楽堂など一部を保存(3)震災遺構としてすべて残す――の3案を示し、アンケートで地区の総意を決める方針を説明して いた。

朝日新聞社

参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150308-00000041-asahi-soci

spacer