都市部を買い占め


 紅白の衣装を着た「くいだおれ太郎」が客を出迎える大阪・道頓堀の商業ビル「中座くいだおれビル」。なにわの象徴ともいえる建物を2月、投資ファンド「ダイナスティ・ホールディング・インターナショナル」が買収した。

お金を出すのは台湾の投資家だ。小野耕司取締役は「製造業などで成功した台湾の経営者らから、物件を買いたいという声が数多くある」。台湾や中国本土でブランド力がある大阪や福岡、札幌を中心にさらに数件を買う計画という。

東京駅前の超一等地に立つ高層オフィスビル「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」は昨年10月、シンガポール政府系のファンドが1700億円で買 収した。今年1月には、結婚式場で知られる東京の「目黒雅叙園」を、中国政府系のファンドが1400億円で買収。半年前に森トラストが買った価格より、 100億円高かった。

不動産サービスのJLLによると、東京都内で昨年売買された不動産の約2割は海外投資家が買った。国内投資ファンドの幹部は「円安の追い風で、従来の取引価格の1・5~2倍の値を付ける外資系ファンドもいる」と話す。

勢いがあるのが台湾からの投資だ。台湾当局が国内の土地取引への課税を強めているため、日本の不動産への関心が高まっているという。日本の銀行が昨年4 月、台北市で開いた富裕層向けの投資セミナーには製造業の経営者ら約60人が参加。「高級住宅街はどこ」「人口増のエリアは」などと質問が飛んだ。説明し た銀行幹部は「円安の影響もあり、台北やシンガポールより東京の地価が割安になっている」と話す。参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150319-00000011-asahi-bus_all

spacer