小川キャンパルが破産


(株)小川キャンパル(TDB企業コード:983460062、資本金1200万円、東京都江東区佐賀1-5-4、代表玉浦裕一氏、従業員52名)は、3月19日に東京地裁へ自己破産を申請し、25日に破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は進士肇弁護士(東京都港区虎ノ門1-6-12、篠崎・進士法律事務所、電話03-3580-8551)。

当社は、1987年(昭和62年)4月に小川テント(株)(2011年10月破産)の100%出資子会社として設立。創業当初は、同社製テントのアンテ ナショップ運営を手がけていたが、グループ再編が進むなかで、2000年3月にレジャー用品部門を同社から事業継承していた。オリジナルブランド 「OGAWA CAMPAL」の名称で、キャンプ用のロッジテント、モノポールテントを扱うほか、災害時用のテントなど防災関連用品の販売も手がけ、 2013年12月期には年売上高約10億3500万円を計上していた。

しかし、この間の2011年10月に破産手続き開始決定を受けた小川テント(株)に対して約4億円の焦げ付きが発生し、財務内容が毀損していたほか、 2012年末から本格稼動していた国内工場の維持費が重荷となっていた。加えて、最近では円安の進行で製品輸入コストが負担となるなか、今年2月27日に は取引先のマッハ機器(株)(東京都江東区)が民事再生法の適用を申請したことで多額の不良債権が発生し、今回の事態となった。参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00010000-teikokudb-ind

spacer