シャックバーガー


2004年、米・ニューヨークのマディソン・スクエア・パークで産声を上げた同社は現在、9カ国で66のハンバーガー店を展開している。2016年中には東京に日本1号店を出店。東京五輪が開かれる2020年までには日本国内で10店舗まで増やす計画だ。

シェイク・シャックの特徴は素材へのこだわりだ。抗生物質や成長ホルモンを使用しない100%米国産のアンガスビーフを使ったハンバーガーや、トランス脂肪酸を排除したフライドポテトなど、品質面のよさが消費者を惹きつけている。

看板商品の「シャックバーガー」は米国で単品5.19ドル(日本円で約620円)と、決して安くはない価格設定。ポテトなどのサイドメニューを付ければ、1000円前後になる。それでも、ニューヨークの店舗は若者を中心に行列が絶えないという。

1月末には新規株式公開(IPO)でニューヨーク証券取引所に上場。1億0500万ドル(約125億円)の資金を調達した。主戦場である米国で新規出店するほか、欧州や中東、日本を含めたグローバルで店舗網を広げていく構えだ。

■ スタバを育てたサザビーとタッグ

今回の日本進出にあたって注目すべきなのは、国内展開の独占契約を結んだサザビーリーグの存在だ。サザビーといえば、米スターバックスや仏ファッションブランド「アニエス ベー」をはじめ、これまで30以上のブランドを日本で展開してきた実績を持つ。

サザビーと組むことで、日本ではどのような青写真を描いているのか。人口が減少していく日本市場での勝機はあるのか。そして、グローバルでどのような展開を遂げていくのか。3月28日の事業発表会を前に来日したランディ・ガルッティCEO(最高経営責任者)を直撃した。

 ――シェイク・シャックというブランドはどのような経緯で生まれたのか。

30年前にファインダイニング(高級志向のレストラン)としてスタートしたのが始まりだ。創業者のダニー・マイヤーが1985年に「ユニオンスクエアカフェ」というレストランをニューヨークで始め、さまざまな業態を展開していった。

そんな中、マディソン・スクエア・パークの再生計画の一環で、ホットドッグ店を出店したところ、すごい行列ができた。その延長線上で2004年に誕生したのがシェイク・シャックだ。

ただ、シェイク・シャックの2号店を出すまでには、5年の歳月を費やした。自分たちのブランドをどう位置づけるかで悩んでいたからだ。一方、ニューヨー クの店には多くの人に足を運んでいただいた。2008年から2010年にかけて、少しずつだがようやく店舗網を広げていくことができた。

■ 食べるという”体験”を提供する

――今回の日本進出にあたっては、サザビーリーグをパートナーに選んだ。

サザビーとは3年前から交渉してきた。「半歩先のライフスタイルを提案する」という同社の企業理念に強く共感している。

シェイク・シャックは食べるという“体験”を売ることを考えている。スターバックスがコーヒーに別のベクトルを持ち込んだのと同様に、シェイク・シャックもハンバーガーに対する概念を次の次元に持っていった点で共通するところがある。

米国では自分たちで運営しているが、海外ではベストなパートナーと組むことをつねに考えている。私から見たサザビーは、デザインに対してこだわりがあり、流行に対して敏感だ。さらに、展開しているブランドをよく理解し、それを噛み砕いて市場に出すことができる。

こういった面でパートナーにふさわしいと判断した。これは、結婚と一緒でお互いが「好き」といわないと組むことができない。サザビーとは互いに尊敬している。参考文献http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150328-00064585-toyo-bus_all&p=1

spacer