787-10正式発注


ボーイングは現地時間3月27日(日本時間28日)、全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)が787-10型機を3 機正式発注したと発表した。787-10を国内の航空会社で導入するのはANAが初めてで、787ファミリー全3機種を運航するアジア初の航空会社にな る。

ANAHDが1月に発注する意向を示したもので、機体価格はカタログ価格で総額約1072億円。2019年度から2020年度にかけて、国内線に導入する。

787は標準型の787-8、長胴型の787-9、超長胴型の787-10の3機種で構成され、787-10は機体が最も大きい。787-9と比べて全 長は5.5メートル長く、中胴は3メートル長くなる。航続距離は7020海里(1万3000km)で、メーカー標準座席数は323席。最終組立と試験飛行 は2017年初頭、初号機の引き渡しは2018年を予定している。ANAが国際線と国内線で運航している、777-200/-200ER(標準座席数 300席クラス)に近いサイズとなる。

787のローンチカスタマーであるANAは、787-8を36機、787-9を44機の計80機を発注済み。2月末時点で世界最多の34機(787-8を32機、787-9を2機)を受領している。エンジンはいずれもロールス・ロイス製トレント1000を搭載する。

787-10導入により、今後首都圏空港(羽田・成田)の発着枠増枠に対応出来るようにする。当初は国際線で運航している777-200ERの一部を国 内線へ転用することも検討したが、787-10を国内線に就航させることで、発着枠増枠時に777-200ERを国際線用機材としてそのまま使い続けられ るなど、現有機材を有効活用できるメリットがある。

787-10に関する国内企業の動きでは、川崎重工業(7012)が13日に787-10の生産開始など増産に対応する新工場の竣工式を行っている。参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150328-00000001-awire-bus_all

spacer