巡視船に宿泊


両陛下のこの後の日程ですが、パラオ同様に、当時、日本の統治下にあったマーシャル諸島、ミクロネシア連邦の大統領夫妻らと懇談するほか、晩餐会に出席されます。

そして、今回注目されているのが両陛下の宿泊先です。パラオの沖合には、海上保安庁が所有する世界最大級の巡視船「あきつしま」が停泊しています。今 回、両陛下はこの巡視船に宿泊する予定になっていますが、決して快適とは言えません。巡視船は多少の揺れもあり、船内は海水の浸入を防ぐための仕切りも多 く、転倒するリスクもあります。

宮内庁は、ヘリなどの移動を伴うため、日程を円滑に進めるためと話していますが、ホテルの少ないパラオの観光業などへの影響を最小限にするために、当初 から巡視船での宿泊が検討されていました。ある宮内庁幹部は、快適とは言えない巡視船での宿泊を決めたのも、今回の慰霊にかける強い気持ちの表れだと話し ています。

両陛下は9日、この船から激戦地ペリリュー島に渡り、戦没者を慰霊されます。(07日17:44)参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150408-00000045-jnn-soci

spacer