チェルノブイリ


ウクライナのチェルノブイリ原発が爆発事故を起こしてから29年目を迎えましたが、原発の廃炉作業が未だに目途が立たないなど、問題は山積みのままです。

ウクライナ北部では26日未明、移住した元原発職員らが追悼式典を開きました。29年前、チェルノブイリ原発の4号機が緊急停止の実験中に爆発しました。当時、原発の職員だったゲンナディさんは事故後、奥さんと処理作業に当たりました。

「作業で、せきをするたび、血が出ました」(元原発作業員 ゲンナディさん)
「甲状腺がんを手術で摘出しました」(元事故処理作業員 バレンチナさん)

4号機には炉心から溶け出た「象の足」と呼ばれる核燃料などが手つかずのままです。今回、4号機の入り口に立ち入りが許可されました。

「チェルノブイリ4号機の建物の内部です。手元の線量計を見ますと、毎時7マイクロシーベルトという、高い放射線量を示しています」(記者)

4号機には合わせて19万トンもの高レベル放射性廃棄物があり、廃炉に向けて、こんな計画が進んでいます。

「高さ109メートルの新しいシェルターです。これを200メートルスライドしまして、あちらの事故を起こした4号機をすっぽり覆ってしまうというプロジェクトです」(記者)

しかし、様々な計画が延期を余儀なくされています。例えば、シェルターは当初の予定から2年遅れ、2017年完成予定にずれ込んでいます。

「放射線の状況は容易ではない。建設作業も難しいのです」(シェルター建設責任者 ブリタン・ピョートルさん)

さらにシェルター完成後、4号機の核廃棄物を除去する計画については・・・

「核燃料の除去は遠い将来の話です。今はまだ技術がないのです」(国際協力情報局 スタロボイトフ・イーゴリさん)

爆発から29年が経ちますが、チェルノブイリ原発は廃炉に向けた目処も未だに立っていません。(27日11:43)参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150427-00000026-jnn-int

もみほぐし

spacer