ドローン


首相官邸にドローンが落下した事件で、逮捕された男が「自分の人生に疑問があり、自己顕示の方法として、反原発を選びドローンを飛ばした」と話していたことが分かった。

捜査関係者によると、山本泰雄容疑者(40)は福井県警に出頭した際、「自分の人生に疑問があり、世の中に不満があった」「自己顕示の方法として反原発を選び、ドローンを官邸に飛ばした」などと話したという。

山本容疑者はブログで去年7月に勤務先を退職したことにふれ、自分を「一番つまらない種類の人間」などと書き込んでいた。警視庁公安部は、山本容疑者が自分の境遇などに不満を募らせ、犯行に及んだ可能性があるとみて調べている。参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150427-00000019-nnn-soci

 

 

 

もみほぐし

spacer