船橋


千葉県船橋市に住む18歳の少女が遺体で見つかった事件で、少女の口には物が詰め込まれ、手首は結束バンドで縛られていたことが分かりました。

この事件は、船橋市に住む野口愛永さん(18)が遺体で見つかり、監禁の疑いで井出裕輝容疑者(20)と中野翔太容疑者(20)ら4人が逮捕されたものです。

野口さんの遺体は1メートルほどの深さに埋められていたことが分かっていますが、その後の取材で野口さんの口に物が詰め込まれ、粘着テープで塞(ふさ)がれたうえ、手首が結束バンドで縛られていたことが分かりました。

「本当は19日(事件当日)の前日の18日にやる予定だったと。埋める場所も決まっていて、埋める穴も掘ってあると言っていた」(逮捕された18歳少女の友人)

警察は犯行グループが事件前日までに穴を掘り、準備していたことも把握していて、4人が計画的に犯行に及んだとみて調べるとともに、27日朝から司法解剖を行い、詳しい死因を調べています。参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150427-00000015-jnn-soci

 

 

 

もみほぐし

spacer