雪崩


ネパールで、25日に起きたマグニチュード7.8の強い地震は、犠牲者の数が2500人を超えた。また、地震による雪崩に巻き込まれて日本人1人が死亡している。

現地の日本大使館によると、エベレストで発生した雪崩に巻き込まれて50代の日本人男性が死亡、日本人女性1人がケガをした。女性は現在、カトマンズの病院で治療を受けているが、我々の取材に対し、当時の様子を次のように語った。

雪崩にのまれた日本人女性「雪崩の音が聞こえ始めて、ふと見ると山からドーンと落ちてきて、落ちた瞬間にやばいと思って逃げたが何歩も歩けないまますぐ にのまれた。私の場合は、雪崩が直接すぐそばまで来たとき、立ったままでは危ないと思い、しゃがみこんだ瞬間にのまれて2回転くらいしたような変な形で」

ロイター通信はネパール当局の情報として、これまでに少なくとも2460人が死亡したと伝えている。また、インドや中国などの周辺国でも死者が出てい て、ネパールと合わせた犠牲者は2500人を超えた。ガレキの下に閉じこめられている人が多くいると見られているが、救出活動は難航している。

こうした中、日本からは70人規模の緊急援助隊が26日午後、現地に向け出発したほか、各国が支援を表明している。参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150427-00000001-nnn-int

もみほぐし

spacer