サウジアラビア


戦闘が続くイエメンにイランからの航空機が着陸するのを阻止するため、サウジアラビア軍などが首都の空港を爆撃しました。

サウジアラビア軍側によりますと28日、イランからの航空機がサウジアラビア軍機などの指示に従わずイエメンの首都サナアの空港に向かったため、着陸を阻止するため滑走路を爆撃したということです。

この爆撃でイエメンの民間航空機や貨物機が破壊されたほか、着陸用と離陸用の滑走路も破壊されたということです。今後、人道支援物資の輸送にも影響が出ると見られます。

サウジアラビアなどスンニ派のアラブ諸国は、首都サナアなどを制圧しているイスラム教シーア派武装勢力の「フーシ派」が、同じシーア派の盟主を自任するイランからの支援を受けていると批判を強めていました。参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150429-00000026-jnn-int

マッサージ

もみほぐし

ライク・ザ・セラピー

spacer