http://news.yahoo.co.jp/pickup/6158540


国連のネパール常駐調整官ジェイミー・マクゴールドリック(Jamie McGoldrick)氏によると、ネパール政府は首都カトマンズ(Kathmandu)とその周辺に十分な人数の外国人専門家がいると判断したという。

「(ネパール政府は)捜索・救助活動に今すぐ必要な人員は十分にいると感じている」とマクゴールドリック常駐調整官はAFPに語り、さらに「(ネパール政 府は)すでにネパールに向かっている人員の入国は認める方針だが、それ以外の人々にはネパールに来ないよう伝えている」と述べた。

カトマンズにある小さな空港には滑走路が1本しかなく、救援物資や海外からの専門家を乗せた航空機の殺到に、対応が追いついていない。

フランス軍筋によると、救援物資と医療ボランティアスタッフを乗せた仏軍用機が29日、カトマンズの空港への着陸許可を得られず、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ(Abu Dhabi)で身動きがとれなくなった。

また、マクゴールドリック常駐調整官によると、ネパール入りした外国人捜索・救助隊の大半は今もなお首都に滞在しているという。参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150429-00000039-jij_afp-int

マッサージ

もみほぐし

ライク・ザ・セラピー

spacer