「振り子式電車」引退へ


国鉄時代に開発され、カーブが多い路線のスピードアップに貢献した特急電車が、今年度中にも近畿圏のJR各線から姿を消す。振り子の原理で車体を傾け、 カーブ区間でも高速走行できる「自然振り子式」の電車で、紀勢線の特急「くろしお」などで長年活躍した。しかし、特有の揺れで乗り物酔いする乗客が続出し たこともあり、JR西日本は後継に振り子装置のない一般型の特急電車を充てる方針だ。専門家は「かつてはスピードアップが求められたが、時代のニーズが変 わり、快適性を重視したのだろう」とみている。
近畿圏から引退するのは南紀方面の特急くろしおのほか、大阪と北近畿方面を結ぶ特急「こうのとり」「きのさき」「はしだて」に使われていた「381系」電車。カーブ区間で一般車両よりも最大時速20キロ速く走行できるのが特徴で、昭和48年に登場した。

車体と台車の間に「コロ」と呼ばれるローラーがあり、カーブにさしかかると振り子のように遠心力で車体が傾く仕組みだ。

特急くろしおには53年、岡山と山陰方面を結ぶ伯備線の特急「やくも」には57年に投入され、今も第一線で乗客を運んでいる。

ところが、JR西には乗客から「乗り物酔いする」といった苦情も寄せられ、インターネット上では特急“げろしお”や“はくも”などと揶揄(やゆ)されている。

自然振り子式での乗り物酔いについて、北海学園大の上浦正樹教授(鉄道工学)は「カーブにさしかかった際に車体の傾きがやや遅れると、酔うようになる」 と分析。車体が傾く際に「振り遅れ」と呼ばれるわずかな時間差があり、カーブを過ぎた後も傾きが元に戻るまでの「揺り戻し」に時間差が生じるためだ。

上浦教授は「座席に座った乗客の目線の位置に振り子の中心があり、立っていれば、さらに酔いやすくなる。最初は車掌も酔ったようだ」と明かす。

JR西は平成8年、381系の後継となる新型の制御付き振り子式特急電車「283系」を紀勢線に投入した。あらかじめカーブに合わせて傾きを制御できる 最新装置を搭載し、乗り心地も改善。カーブ区間では一般車両より最大時速30キロ速く、大阪の天王寺と和歌山県の新宮間を最速3時間10分台で結んだ。

ただ、この新型の振り子式電車はわずか18両の製造で終了。その後、振り子式の特急電車が製造されることはなかった。23年にデビューした「287系」は振り子のない一般の特急電車。カーブの多い紀勢線には24年から投入された。

JR西は振り子式電車について「速達性に効果がある一方、快適性を損なうデメリットもある」と判断。今年度中にも国鉄時代の381系を、特急「しらさぎ」(名古屋-金沢)で使用していた一般の特急電車「683系」に置き換える予定だ。

今年3月には一般の特急電車への置き換えを念頭に紀勢線のダイヤを見直した。

天王寺-新宮間は最速3時間42分に延びた。車両は新しくなるが、所要時間はおおむね4時間近くと、国鉄時代の車両よりも遅くなる結果になった。

JR西の担当者は「より快適性が向上した車両に期待してほしい」と話すが、上浦教授は「振り子式電車は部品数が多く、メンテナンスも大変。とはいえ、振り子式電車の開発をやめてしまうのは、技術の進歩から逆行しているような気もする」とさびしそうだ。参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150522-00000114-san-soci

ライク・ザ・セラピー(誰でもできる「もみほぐし」ビジネス)
マッサージ類似ビジネス(もみほぐし)誰でも簡単にはじめられる「もみほぐし」
学校に通わなくてもできる「マッサージ類似ビジネス」
医学知識のいらない「もみほぐし」
簡単にできる「もみほぐし」
簡単にはじめられる「もみほぐし」
わずかな資金でできる「マッサージ類似ビジネス」
高収入ビジネス「もみほぐし」
マッサージ類似ビジネスをはじめよう
「もみほぐし」で集客
マッサージ類似ビジネスを資格
マッサージ類似ビジネスとは?
マッサージ類似ビジネス、お勧め本&DVD
マッサージ類似ビジネスに必用な道具を激安で買おう!

spacer