レバ刺し禁止


牛のレバ刺しに続き、生食の禁止が決まった豚レバー(肝臓)。「安く、ボリュームがある」と看板メニューに掲げる店から惜しむ声が漏れる中、厚生労働省はE型肝炎などのリスクがあるとし、「規制前に『駆け込み』で食べないように」と呼び掛けている。安さが売り
東京都墨田区の大衆酒場「かどや」。その日の朝に処理された新鮮な豚レバーが入荷したときだけ、1皿300円で豚のレバ刺しを出している。多いときには20皿が出る人気メニューの一つだ。
店長の男性(40)は「下町では昔から豚のレバ刺しを出す店が多い」と話す。理由は安さとボリューム。豚レバーは牛と比べ仕入れ値が5分の1ほどで、「大衆酒場で安く出すには、鳥か豚のレバーになる」と明かす。
「食文化の一つが消えるのは寂しい気がするが、捕まりたくない」と店長。禁止後は提供をやめるという。
◇感染者は東高西低
厚労省が規制に踏み切ったのは、豚レバーにはE型肝炎ウイルス(HEV)や寄生虫による健康被害の恐れがあるからだ。E型肝炎は発症すると発熱や腹痛などの症状が出るほか、まれに劇症化して死に至ることもあり、特に妊婦の死亡率が高いとされる。
国立感染症研究所が以前、東京都内のスーパーなど22店で購入した豚の生レバー計260品を調べたところ、7品からHEVが検出された。E型肝炎を発症した患者と同じ店を利用した6人が感染するなど、加熱不足の豚肉が集団感染の原因となった可能性を指摘する報告もある。
感染研によると、2014年に全国の保健所を通じて報告があった国内でのHEV感染者は146人で、統計を取り始めた03年以降で最多だった。患者は東日本に多く、豚肉消費量の多い地域と重なる「東高西低」の傾向が見られるという。
◇「最終日、行列も」
豚レバーの規制は、ユッケなどを食べた5人が死亡した11年の焼き肉店の集団食中毒事件がきっかけ。厚労省によると、牛レバ刺しが禁止された12年度の 末に80店だった豚レバーを扱う店が、13年夏には190店に増加。同省の担当者は「牛レバ刺しの代用品に豚レバーを出す店が増えた可能性がある」と指摘 する。
罰則を設けた豚レバーの規制には周知期間が必要なこともあり、改正した食品衛生法の規格基準が施行されるのは6月中旬になる見通し。このため、厚労省は 牛レバー禁止時のような駆け込み需要を警戒する。「かどや」の店長も「最終日は牛レバーを求める客の行列ができた」と振り返る。
牛で生食が禁止されたのは肝臓だけで、他の内臓は規制対象から外れている。ハラミ(横隔膜)をユッケとして出す店もあるといい、厚労省は規制を広げる必要があるか検討するという。参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150530-00000032-jij-soci

ライク・ザ・セラピー(誰でもできる「もみほぐし」ビジネス)
マッサージ類似ビジネス(もみほぐし)誰でも簡単にはじめられる「もみほぐし」
学校に通わなくてもできる「マッサージ類似ビジネス」
医学知識のいらない「もみほぐし」
簡単にできる「もみほぐし」
簡単にはじめられる「もみほぐし」
わずかな資金でできる「マッサージ類似ビジネス」
高収入ビジネス「もみほぐし」
マッサージ類似ビジネスをはじめよう
「もみほぐし」で集客
マッサージ類似ビジネスを資格
マッサージ類似ビジネスとは?
マッサージ類似ビジネス、お勧め本&DVD
マッサージ類似ビジネスに必用な道具を激安で買おう!

spacer