感電死


県警は22日、死亡した尾崎匡友さん(42)=川崎市=と岩村知広さん(47)=神奈川県逗子市=の死因は、司法解剖の結果、感電死だったと発表した。

捜査関係者によると、電気柵の電源は川岸から約25メートル離れた男性宅の納屋の家庭用電源(100ボルト)から取っており、コンセント近くにあった変 圧器から直接、コードで柵につなげられていた。変圧器は電圧を最大400ボルト程度にすることが可能だった。男性は県警に「夜間だけ電気を流し、昼間は 切っていた」と話しているが、事故があった19日午後4時半ごろは、電源が入っていたとみられる。

県警が21日の現場検証で実際に電気を流すと、柵に通電し続け、漏電しても電気は止まらなかった。

業界団体「日本電気さく協議会」によると、電気柵と家庭用コンセントを直結することは電気事業法で禁止され、コンセントと柵の間に「パルス発生装置」の 設置が義務付けられている。この装置によって電気が3000分の1秒流れた後、1秒以上止まる状態が繰り返され、触れても一瞬刺激を受けるだけで済むとい う。

また、30ボルト以上の電源を使用する場合は「漏電遮断装置」の設置も義務付けられている。設置していれば、電線が水の中に入っても電気が流れ続けることはなかったという。

電気柵メーカーによると、2009年に兵庫県南あわじ市で農家の男性が、家庭用100ボルト電源に直結されていた電気柵に触れて死亡した事故以降、同協 議会加盟社は「漏電遮断装置」を標準装備にした。同協議会は「直結すると電気が流れ続け、感電した人間は筋肉が硬直し、柵から離れなくなってしまい、死に 至る可能性がある」と指摘する。参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150722-00000067-mai-soci

 

ライク・ザ・セラピー(誰でもできる「もみほぐし」ビジネス)
マッサージ類似ビジネス(もみほぐし)誰でも簡単にはじめられる「もみほぐし」
学校に通わなくてもできる「マッサージ類似ビジネス」
医学知識のいらない「もみほぐし」
簡単にできる「もみほぐし」
簡単にはじめられる「もみほぐし」
わずかな資金でできる「マッサージ類似ビジネス」
高収入ビジネス「もみほぐし」
マッサージ類似ビジネスをはじめよう
「もみほぐし」で集客
マッサージ類似ビジネスを資格
マッサージ類似ビジネスとは?
マッサージ類似ビジネス、お勧め本&DVD
マッサージ類似ビジネスに必用な道具を激安で買おう!

spacer