赤字


内閣府は、22日に開いた経済財政諮問会議に、経済財政の中長期試算を提出した。プライマリーバランス(PB)とも言う。政策経費が税収・税外収入より少ないとPBは黒字、多いと赤字になる。ただ、同時に示した経済成長率が実質1%弱、名目1%半ば弱を前提にした、現実的な「ベースライン」ケースでは、20年度のPB赤字は11.9兆円となる。新規公債発行額を除く歳入(税収・税外収入)から公債費(公債の元本返済や利子の支払い費用)を除く歳出を差し引いて算出。

【横田恵美、宮島寛】【キーワード】基礎的財政収支(プライマリーバランス)社会保障や公共事業などの政策経費を新たな借金をせずに税収などでどの程度まかなえているかを示す指標。PBは15年度、15.4兆円の赤字が見込まれ、政府は20年度までの黒字化を目指している。実際、この日示された16年度の成長率見通しは名目で2.9%程度、実質で1.7%程度で、「経済再生ケース」の水準には届かなかった。政府は健全化の第一歩として2020年度までにPBを黒字化させる目標を掲げている。また、会議では麻生太郎財務相が16年度予算の大枠を定める概算要求基準の骨子案を報告した。

今年2月の試算から赤字幅が3.2兆円縮小したものの、政府が目標とする同年度の黒字化を達成するには、歳出改革の加速や経済成長による税収増が急務となる。財政の健全度を示す2020年度の国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)は、安倍政権の経済政策が順調に進んだ場合の「経済再生ケース」で、6.2兆円の赤字になる。日本はバブル崩壊後の景気対策や高齢化に伴う社会保障費増で1992年度から一貫して国・地方のPB赤字が続く。中長期試算では、企業収益の拡大による税収の増加や、東日本大震災関連の復興事業に必要な支出が19年度で終了することなどから、PBの赤字幅が縮小するとした。前回試算から4.5兆円改善しているものの、黒字化には一層踏み込んだ歳出削減などが必要になりそうだ。

骨太の方針や成長戦略に沿った施策に限り、最大で4兆円規模の予算要求ができる「特別枠」を設ける方向だ。PBをプラスマイナスゼロにしても公債利子分だけ財政赤字が拡大するため、財政健全化の指標としては不十分との指摘もある。ただ、名目で3%以上、物価変動の影響を除いた実質で2%以上という高い経済成長を前提にしている。試算には経済財政運営の指針「骨太の方針」で示した歳出改革や成長戦略の効果はほぼ反映しておらず、着実な実施が求められる。参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150722-00000061-mai-bus_all

 

ライク・ザ・セラピー(誰でもできる「もみほぐし」ビジネス)
マッサージ類似ビジネス(もみほぐし)誰でも簡単にはじめられる「もみほぐし」
学校に通わなくてもできる「マッサージ類似ビジネス」
医学知識のいらない「もみほぐし」
簡単にできる「もみほぐし」
簡単にはじめられる「もみほぐし」
わずかな資金でできる「マッサージ類似ビジネス」
高収入ビジネス「もみほぐし」
マッサージ類似ビジネスをはじめよう
「もみほぐし」で集客
マッサージ類似ビジネスを資格
マッサージ類似ビジネスとは?
マッサージ類似ビジネス、お勧め本&DVD
マッサージ類似ビジネスに必用な道具を激安で買おう!

spacer