シリア


そこには、自分たちを保護してくれるはずの運転手の姿があった。『バシャル警察、バシャル警察』と叫びながら」 2人は引きずられるようにして、軽トラックに乗せられた。街の出口まで来ると、道路が封鎖されていた。 翌日、ピッチニン氏とキリコ氏は街を出ることを決めた。その幹部は「彼らもFSAだから行動を共にしろ」と言った。車列の中の別の車に移された際、ピッチニン氏たちの保護を担っていた司令官の姿を見失ったが、警戒心は湧かなかった。

イタリア紙スタンパ(La Stampa)の記者、ドメニコ・キリコ(Domenico Quirico)氏も一緒に、FSAの兵士たちについてシリア西部の都市クサイル(Qusayr)へ向かっていた途中、車が故障した。FSAに無条件の信頼を置いていた」という。ピッチニン氏のようなジャーナリスト、研究者、支援関係者たちは、FSAに保護してもらえると頼りにしていたが、それどころか過激派に売り飛ばされてしまったのだ。「2か月おきに現地に行っていても、状況を正しく読むことができなかった」という。かつてはISに対抗する希望の光と仰がれていたFSAだが、最近では、目的がばらばらの全く異なる反体制派グループの寄せ集めとみなされつつある。FSAの一部の派と過激派の怪しいつながりは、外国人にとって命取りになることがある。

ピッチニン氏はFSAの幹部クラスの人物に電話し、何が起きているのか確認した。ピッチニン氏いわく「イスラム主義を語る、負け犬と犯罪者の集まり」だ。「何とも思わなかった。「運転手は引き返すのではなく、エンジンを切った。 欧米ではFSAは、バッシャール・アサド(Bashar al-Assad)大統領とも、イスラム過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」とも反対の、穏健な反体制派とみられている。 ピッチニン氏はシリア訪問8度目となる2013年4月に人質にされた。

だがFSAの一部のメンバーたちは今、欧米人につく「高値」を目当てに、人質をイスラム過激派に売るようになっている。さらに2人はファルーク旅団(Farouq Brigades)に売られたが、イタリアの情報当局の交渉の結果、151日後に解放された。 目的地に着くと、2人は見慣れない部隊を目にした。2013年、彼はシリア反体制派の自由シリア軍(Free Syrian Army、FSA)の一派に裏切られ、人質犯のグループに引き渡された。「後から思えば『明らかにだまされた』のに、あの時は、シリア政府に拘束されたのだと思った」。兵士たちは彼らを見送りながらにやにや笑っていた。参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150810-00000045-jij_afp-int

 

ライク・ザ・セラピー(誰でもできる「もみほぐし」ビジネス)
マッサージ類似ビジネス(もみほぐし)誰でも簡単にはじめられる「もみほぐし」
学校に通わなくてもできる「マッサージ類似ビジネス」
医学知識のいらない「もみほぐし」
簡単にできる「もみほぐし」
簡単にはじめられる「もみほぐし」
わずかな資金でできる「マッサージ類似ビジネス」
高収入ビジネス「もみほぐし」
マッサージ類似ビジネスをはじめよう
「もみほぐし」で集客
マッサージ類似ビジネスを資格
マッサージ類似ビジネスとは?
マッサージ類似ビジネス、お勧め本&DVD
マッサージ類似ビジネスに必用な道具を激安で買おう!

spacer