シンガポール


1965年のマレーシアからの分離独立以降、一党支配の長期政権で経済発展を実現し、アジアで最も豊かな国となった。 11年の総選挙(定数87)で、与党人民行動党(PAP)の得票率は60・1%と独立後最低で、過去最多の6議席を野党に奪われた。若者を中心に所得格差や移民流入による就職難に不満を抱く層が増えている。父親で今年3月に91歳で死去した初代首相、リー・クアンユー氏が、言葉や宗教の平等を認め多民族国家の繁栄に成功した功績をたたえ、「より良い将来を誰もが期待できる」と述べ、結束の継続を訴えた。現在の高層ビルや緑が調和した景観、少ない汚職や治安の良さは、元首相の理想を具現化したものだ。日本からは麻生太郎副総理兼財務相が出席する。

激しい競争社会や、政治的な息苦しさが指摘される。9日の式典には、18カ国の首脳ら代表も参加。 7月24日には新たな選挙区割りが発表され、PAPは独立記念日後間もなく、候補者調整を完了する予定。50年前の当日は、元首相が自ら読み上げるつもりだったが多忙でかなわず、アナウンサーが代読していた。 至るところに国旗や装飾が掲げられ、全土が祝賀ムードに包まれている。次回総選挙では、独立後生まれの有権者数が独立前生まれ世代を初めて上回る。

当日の9日は、午前9時に全土でサイレンが鳴らされ、元首相の肉声による独立宣言が初めてラジオとテレビで流される。 一方、米調査会社ギャラップが12年に発表した日常生活の「幸福度」調査で、シンガポールは、148カ国中、最下位だった。 シンガポールの国民1人当たりの国内総生産(GDP)は、2007年に日本、11年に米国をそれぞれ追い抜き、13年には独立時に比べ100倍以上の約5万5千ドルに膨らんだ。90年代に人件費が高騰すると、ハイテクや金融サービスが主体の産業構造へ機敏に転換した。【シンガポール=吉村英輝】赤道直下の都市国家シンガポールが9日、建国50周年を迎える。 31年間の長期政権を率いた元首相は、東京23区とほぼ同じ広さの島に、日本などから資本と技術を導入し工業化に成功。

初代首相の死去や建国50周年で愛国ムードが高まるなか、早期解散による「9月12日の総選挙」説が流れている。 リー・シェンロン首相は8日夜、就任以来11回目となる記念メッセージを放送。肉声は3年前に収録していた。一方、格差拡大などで「能力至上主義」の成長モデルは行き詰まっている。 リー首相は今月、「多くの外国人労働者を受け入れれば、経済はうまくいくが社会問題を抱える」とし、生産性向上により外国人に頼らない発展の継続を訴えたが、前途は多難だ。参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150808-00000531-san-asia

 

ライク・ザ・セラピー(誰でもできる「もみほぐし」ビジネス)
マッサージ類似ビジネス(もみほぐし)誰でも簡単にはじめられる「もみほぐし」
学校に通わなくてもできる「マッサージ類似ビジネス」
医学知識のいらない「もみほぐし」
簡単にできる「もみほぐし」
簡単にはじめられる「もみほぐし」
わずかな資金でできる「マッサージ類似ビジネス」
高収入ビジネス「もみほぐし」
マッサージ類似ビジネスをはじめよう
「もみほぐし」で集客
マッサージ類似ビジネスを資格
マッサージ類似ビジネスとは?
マッサージ類似ビジネス、お勧め本&DVD
マッサージ類似ビジネスに必用な道具を激安で買おう!

spacer