ワリヤーグ


中国国営通信社の「中国新聞社」は、自国初の空母である「遼寧」について、現場関係者の懸命な努力で、予定よりも大幅に早く就役させたと紹介する記事を掲載した。いわゆる「美談」だが、同時に、技術面での相当な「背伸び」を示唆する内容だ。

「遼寧」は旧ソ連が建造に着手したが、同国崩壊などで放棄されていた空母「ワリヤーグ」を中国が買い取ったものだ。中国は当初、「中国が改造・完成させて空母にする」との見方に対して猛反発したが、結局は空母にした。

ワリヤーグは大連(遼寧省)の造船所に曳航(えいこう)された。共産党中央と中央軍事委員会が空母にすると決定した時、現場の人々は「どれほど困難になるか」を想像するのが難しかったという。

同船が「予想以上にひどい」ことが判明した。例えば、エンジンを固定する74個のボルトは約半数しかなく、しかも足りない部分には「ボルト穴」さえもなかった。

さらに、一部鋼材を強度が高く耐久性にもすぐれた鋼材に交換しようとしたところ、何度溶接しても、細かな亀裂が入ることが分かった。改めて鋼材をハルビンの工場に運び込み、実験した。温度条件を変え、それぞれの条件のもとで数十回から100回以上も溶接を繰り返した。

厳寒の冬のハルビンで溶接を繰り返し、春になってやっと「溶接法」が決まり、3冊のマニュアルにまとめられたという。

「遼寧」の初の試験航海は2011年8月、就役は2012年10月だった。同記事によると試験航海は当初予定より5カ月、就役は3カ月早めることができたという。参考文献http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150819-00000021-scn-sci&pos=1

 

ライク・ザ・セラピー(誰でもできる「もみほぐし」ビジネス)
マッサージ類似ビジネス(もみほぐし)誰でも簡単にはじめられる「もみほぐし」
学校に通わなくてもできる「マッサージ類似ビジネス」
医学知識のいらない「もみほぐし」
簡単にできる「もみほぐし」
簡単にはじめられる「もみほぐし」
わずかな資金でできる「マッサージ類似ビジネス」
高収入ビジネス「もみほぐし」
マッサージ類似ビジネスをはじめよう
「もみほぐし」で集客
マッサージ類似ビジネスを資格
マッサージ類似ビジネスとは?
マッサージ類似ビジネス、お勧め本&DVD
マッサージ類似ビジネスに必用な道具を激安で買おう!

spacer